女性の美肌を
健康体操

健康で若々しい肌を保つには日焼け防止をしてシミ・ソバカスを防ぐ必用が在ります。紫外線の予防として日焼け止めスプレーやクリーム、紫外線をカットする帽子・サングラスなどの使用など特に敏感肌の方は いつも注意しましょう。

紫外線による病気

紫外線の肌への影響



紫外線による肌トラブルから大切な肌を守るために外出するときには帽子をかぶることはもちろん、日傘を使用する、あるいは長袖シャツなどを着て極力肌を露出しないようにします。

空からの日差しによる紫外線以外にも地面からの照り返しによる紫外線もありますよ。
地面からの照り返し対策としては日焼け止めクリームなどを塗って肌を守るしかありません。

これ1つで化粧水・美容液・クリーム・日焼け止め・ファンデーションの5役を果たします。

★水の天使から待望のBBクリーム新登場★【ポイント10倍】水の天使 BBクリームSPF40 PA+++【30g...


このように必死になって紫外線対策をするのにはわけがあります。
肌に影響を与える紫外線はA波とB波になります。
A波は肌の奥まで入り込んで後にじわじわと肌老化を引き起こすもので生活紫外線とも呼ばれています。
B波は肌の表面に作用して赤く炎症を起こしてしみやそばかすなどを引き起こすものでレジャー紫外線とも呼ばれています。


紫外線によってもたらされる肌への悪影響は総合的にみて、シミやしわ、たるみなどの肌トラブルです。
日差しを浴びて肌が黒く焼けるのは、紫外線を浴びることで増えてしまったメラニンが肌を守ろうとして働くから黒く見えるのです。


そして徐々に日焼けした黒い肌は角質細胞と共に剥がれてきます。
もともと私たちの体には、紫外線対策として紫外線を防御するメラニン色素があるのです。

しかしながら長い間紫外線を浴び続けると、肌の細胞が傷ついてしまいます。
傷ついた細胞はメラニン色素をどんどん作り、今度はメラニンの排泄ができなくなるというトラブルが起きてしまうのです。


こうなるといつまでたっても肌は黒いままで、これによってシミなどができやすい状況に陥ってしまいます。

紫外線を浴び続けると肌の中のほうにあるコラーゲン線維というものが切れてしまう危険性も出てきます。

コラーゲン線維が切れると、肌に弾力がなくなりしわやたるみの元となるのです。






日焼け(UV)対策

紫外線を予防する時期は

紫外線がもっとも高くなるのは太陽が一番高くなる5月です。
紫外線が一番少ない時期は日差しの少ない冬場ですが、その冬場でも夏場よりも紫外線のUV-A量は2分の1程度にしかならないため一年間通して紫外線に対処する必要があります。
UV-Bについてはオゾンの量に影響を受けるため、オゾン量が少なくなる8月にUV-Bの量がもっとも多くなります。

ではこの紫外線が多い時期にどのように紫外線に事前の対処法を施せばいいのでしょうか。
一番単純な方法それは紫外線を浴びなければいいのです。
ですが生活していく上でそうもいきませんよね。

日常生活を送る上で紫外線を完全に防ぐことは不可能に近いことだからです。
そこで簡易にできる紫外線解決策としてはやはり外出時には帽子をかぶる、日傘をさす、UV対策化粧品を使うなどして極力紫外線にあたらないようにします。

それと食事の中で積極的にビタミンCを取り入れるするようにして、足りない分はサプリメントを活用するなどしてビタミンC摂取を推進し紫外線を浴びてしまった体をケアを行いましょう。

近年は昔よりも紫外線カット率が高い日傘や帽子などの製品が普及しています。
オゾン層の破壊などによって紫外線も昔より高くなっていますが、紫外線カット率の高いグッズを活用して紫外線方策をしていくしか紫外線に打ち勝つ方法はないと思います。

少しの外出でもゆだんはきんもつです、日焼け止めを塗る、日常からUVカットの化粧品を使う、庭にでるだけ近所に行くだけでも帽子をかぶる、日傘をさすなど欠かしてはなりません。

シミシワの原因の紫外線対策をきっちりしましょうね。


  疲れ、シミ、シワ、たるみでお悩みの方必見! 高濃度プラセンタ美容サプリ! 飲む美容液として...

その他

肌荒れ対策




冬や季節の変わり目は肌荒れに悩む女性の人は多いのではないでしょうか。
女性だけでなく、男性の中にも肌荒れで悩んでいるという人がいるかもしれませんよね。
肌荒れには個人差があり、程度も様々ではないかと思いますが、かゆみが伴ったりすると辛いですよね。

肌荒れを解消する方法にはいろいろな方法があると思いますが、自分に合った方法を見つけることができないでいる人が多いようです。

乾燥はお肌の大敵で肌荒れに直結しますから、まずはその対策法を取ることが大切かもしれませんね。
肌荒れ対策として水分を常に補給しなければいけないと考えている人は多いのではないでしょうか。
確かにそうなのですが、肌荒れの対策を完璧にとるためにはそれだけではだめなのです。
逆に肌荒れのために水分を補給しているつもりが、乾燥を促進しているということもあり得るのです。
ですから、まずは肌荒れ対策として必要なことをしっかりと調べる必要があると思います。

肌荒れに悩んでいるという人は自己流で対策をとるのではなく、まずは具体的な方法について調べてみましょう。
インターネット上には沢山の肌荒れ対策に関する情報が載せられていますよ。
そのような肌荒れ対策のサイトでは自分の肌状態に合った人の意見を中心に見ていくようにすると良いかもね。

そうはいっても自分の肌と全く同じ状態の人はいませんから肌荒れ対策に関しては自分のお肌と相談しながらしましょうね。
肌荒れは老化の一番の要因にもなりますから、しっかりと対策をとって赤ちゃん肌を目指しましょう。


★毎日お買得オープニングセール開催中♪★【エスエス製薬】キュティナ120錠が大特価!大人気の...



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。